FC2ブログ
 

パンティー逆さ撮り画像ブログ

オリジナル逆さ撮り盗撮&エッセイ(ただの戯言w)です。ごゆっくりどうぞ。

||素人盗撮隠し撮り(毎日更新!)|| ||エロサイト体験記||

逆さ撮りのタイプ別傾向と対策

コスプレ(コスチュームプレイ)は好きですか?
僕はオジンなので、なかなか機会がないのですが、
いつかはやってみたいですと思っています。
でも、どうせやるんだったら若い女の子がいいですね。


コスプレをさせてセックスをする場合、
どういう服装が好きかで、
その人の願望が分かるそうです。


セーラー服:中高時代に達成できなかった欲望を満たしたい
ナース服:癒しの存在としての女性に甘えたい
メイド服:主人として女を好きなように扱いたい
コンパニオン・バドガール系:女を消費対象として見て興奮したい
ゲーム・アニメキャラ:対象その人ではなく理想化した偶像を犯したい


ちなみに僕はセクシーなチャイナドレス(笑)。
でも、その場合はどうなるんでしょうねえ。


逆さ撮りの場合にも、
このような傾向はあてはまるのではないでしょうか。
ということで、勝手に憶測を交えて分析してみました。



セーラー服、ブレザー:とにかく若い女性が好き、
若いフェロモン、エキスを吸収したい(笑)
ナース:白衣の天使だけに清純系が好き
ポリス:破滅願望(笑)
OL:働く女性に魅力を感じる
パンスト:むれむれのパンティーが好き、汚れ系
コンパニオン:高嶺の花を汚したい
外国人:国際交流したい


でも、結局、盗撮、
逆さ撮りマニアの心理というのは
どういうタイプを狙うにしても、
女性の隠された秘部を覗きたいという
好奇心ではないかと思います。


080616-024.jpg

アクションカメラと逆さ撮り

以前に盗撮(逆さ撮り、隠し撮り)の方法を
詳細に記した「アクションカメラ術」という本のことを書きましたが、
その本が発売された当時、僕はまだ中学生でした。


そんな性的なことに興味を持ち始める中学生の時期に、
このような盗撮や逆さ撮りの記事や写真との出会いは、
その後の僕の性的な関心に大きな影響を及ぼしたのではないか、
と今になって思います。



当時この「アクションカメラ術」の本を
密かに学校に持ってきて、
貸してくれたのは、友人のT君でした。
思えば彼も盗撮や逆さ撮りが
好きだったのかもしれません。


もちろん、「アクションカメラ術」で覗きや盗撮に目覚めた
僕たちはクラスの女子の着替えを覗いたり、
階段の下で女子のパンチラを観察したりと、
いろいろと行動を共にしたものです。



さすがに当時は携帯やデジカメなどは
ありませんでしたし、カメラもまだまだ高価で
到底、手が届く代物ではなかったので、
写真や映像に記録するということはできませんでした。
今の若い人は、こういった機材が身の回りにあって、
うらやましいですね。


そんな「アクションカメラ術」を貸してくれて
僕に盗撮の楽しみを教えてくれたT君は、
その後、マリファナにはまって、
捕まってしまいました(笑)。


080616-023.jpg

逆さ撮り盗撮師のこと

逆さ撮りをやっていて、
腹が立つことと言えば、
自分も普段は他の女性のスカートの中を
逆さ撮りをするくせに、
いざ、自分の彼女や奥さんが
逆さ撮りされると怒りまくる奴。


きっと彼女や奥さんのパンティーは自分の所有物
とでも思っているのでしょう。
また、自分以外の男に
見られるのが許せないんでしょう。
(心が狭い変態ですね)。


でも、自分は他人の奥さんや彼女でも
平気で逆さ撮りをするんです。
こういう奴は頭の中がどうかしているんでしょうね。


あと、同業者の盗撮師を見かけると、
そっと警告するのならまだしも、
ここぞとばかりに糾弾し、通報したり、
捕まえようとするやつ。



本来、熟練した盗撮師が逆さ撮りに使うような
靴カメは外見からはほぼ100%分からない、
それほどの製品です。
また、熟練者はあからさまに
ばれるようなことをすることはありません。


そんな逆さ撮り師を見つけることができる野郎は
盗撮師の手口、行動パターンを知っている
そいつも同業者だと思って、間違いはありません。


おそらく、自分の漁場、狩場が荒らされるとか、
他の盗撮師がいい思いをしているのが悔しい、
そういうせこい理由なんでしょう。
こういう奴は「逝ってよし」だと思います。


080616-022.jpg

覗き魔、盗撮魔について

若い人は知らないかもしれませんが、
変態の覗き魔のことを「出歯亀」といったりします
(のぞきは特に変態じゃないかもしれませんが)。


これは昔、婦女暴行事件を起こしたとされる
銭湯の女湯のぞき常習犯だった男が
出っ歯だったことに由来しています。

出歯亀についての解説


また、そんな変態、のぞき魔のことを
「ピーピング・トム」と呼んだりします。
これは裸にされて、街中を馬に乗って回らされた
ゴダイヴァ婦人の出来事にちなんでいます。

ゴダイヴァ婦人についての解説


有名な高級チョコレート・メーカーは
ここから名前を採っていまして、
裸で馬に乗せられているゴダイヴァ婦人が
ブランドのマークにもなっています。


これって、日本でいうと
出歯亀堂の饅頭とか、田代屋の最中、
植草本舗のどらやきみたいな感じなんでしょうかね。
よく考えると変態ぽいと思います。



でも、昔から世界には
現代と変わりなく、
盗撮魔のような変態が
いっぱいいたんですね。


080616-021.jpg

和風美人のコンパニオン逆さ盗撮

(お知らせ)
都合により、近日中に山岸由美(逆さ撮り2)の
画像を削除させていただきます。
なお、顔出しDVDの販売は続けます。



普段は意識しないことですが、
このごろは、年齢的なものもあるのかもしれませんが、
あらためて日本人でよかったなあと
思われることがたくさんあります。


花鳥風月を愛で、四季折々の自然を楽しみ、
山海の珍味に舌鼓を打つ。
ああ、つくづく日本はすばらしいと思います。


また、デジカメ、デジタルビデオ、CCDカメラなど
盗撮に使えるハイテク機材が豊富に揃い、
秋葉原などには専門ショップもあります。
フェティッシュな嗜好を持つ者にとって、
世界中探してもこんなに素晴らしいところはありません。



それ以上に、日本女性は魅力的で、
盗撮するには最高のターゲットです。



今風のきれいなお姉さんも魅力的なんですが、
とくに清楚で落ち着いた佇まいを醸し出す美人女性は
何者にも替えられない魅力があります。


そんな和風美人のパンティーは
そこはかたとなく漂う、
気品のようなものが感じられて、
そんな下着を逆さ撮りしたときは、
えもいわれぬ、充実感がありますね。

080616-020.jpg

和風美人コンパニオンパンティー拝見

前回からのつづき

至高の天界から、修羅、魑魅魍魎、
物の怪の類が跋扈する
現世に迷い込んだ
気高く、穢れなき存在であるビーナスたち。


その脚線美とビクトリア時代の貴婦人がまとう
高級ランジェリーの類に負けていない
コスチュームは、まさに天下無敵で天衣無縫、
この世のものとは思われないほどの
オーラとフェロモンを発し、
地球の重力と磁場すらも凌駕していた。



この濁世の底辺で蠢動する吾は
蟷螂の斧ならぬ、
巷の給料数か月分の大枚と交換で手に入れた
ハイテク撮影機材で武装をしつつ、
せめて、ひっそりと彼女たち、いや地上の女神たちの
ありがたくも慈悲深い
恵みに触れるのが精一杯の慰みであった。


愛の女神たちの馥郁とした芳醇な股間の残像を眺めながら、
吾もひとり緊張と興奮で怒張するシヴァの分身なる
男神をシコシコと愛でつつ、
今日の甘美なリビドーを思い出しながら、
母なる大地の恵みと
人類兄弟の一員たることの恵みに感謝しつつ、
濃厚で芳香漂う特上カルピスをピュピュッと放出した。

080616-019.jpg

靴カメ盗撮、和風美人コンパニオン

前回からのつづき

会場には世界に冠たる現代日本の
最新テクノロジーを惜しげもなくちりばめた
ハイテク機器類と、
また、幾分、ユートピア的ファンタジーとも思える
薔薇色の未来を連想させるような試作品、
パイロット商品の数々。


テクノロジーに裏打ちされた製品とはいえ、
販売ーその実は巧妙に社会を管理、
支配する黒幕ども、
別名「死ネ死ネ団」がいかに額に汗して働く愚昧な民衆、
勤労青年たちに不要な高級玩具の購買欲を惹起させるか、
ということに他ならぬのだが、
は太古の昔から、青少年をはじめ、
壮年からジイさんにいたるまで、


あらゆる男性たちの目を魅了させてきた、
ビーナスたちー中にはザ・ピーナツまがいもいるが、
の脚線美とボインボイン([c]大恥巨船)を
揺らしながらの甘いトーク、
そしてモンローもうらやむような
上目遣いの媚びるような視線であった。



そんなまだ社会や経済のしくみもない、
貨幣すら存在しない原始時代から繰り返されてきたであろう営み、
脚線美のボインボイーン。



それがセールスやマーケティングと名を変えて、
現代社会に息づいているのは、
太古の昔から変わらない男性の本能の故なのか、
それとも地上に舞い降りた地母神、
女神たちの気まぐれなのか。

080616-018.jpg

和風美人コンパニオンのパンティー観察記

ある休日の昼下がり、
吾は美人コンパニオンが犇めき合うと
名高い会場へ、
股間を熱くさせながら足を運んだ。


長年、筆者と苦楽を共にし、
また筆者の第三の目とも呼ぶべき
頼もしき愛器たちーもちろん、その点検と整備には抜かりはなく、
いつでも、そのスペックを最大限に発揮できるはずである、
を携えて。




その心境は戦場に向かう命知らずのカメラマンの
それと寸分違わぬはずであった。



ただ、その目的が方や真実の報道という自己犠牲、
人類普遍の崇高なエスプリの追求であり、
方や傍から見れば、腐敗と汚辱にまみれた己の醜い
エゴイズムに裏打ちされた
孤独な自慰行為に過ぎないということだけだ。

080616-017.jpg

つづく

和風美人コンパニオン逆さ撮り

さて、前回からご紹介している
和風美人のコンパニオンさんなんですが
(名前はO山さん)、
本当に清楚で落ち着いた雰囲気が漂っていました。


こういう女性にはぜひ、和服を着てお酒のお相手でも
してもらいたいものです。お酒はもちろん、日本酒で、
今の季節だったら、カツオのたたきに冷酒なんかがいいですね。
でも、それだと単なるバーのママになっちゃうか(笑)。



それにしても、若い頃は(といってもたかだか5,6年前ですが)、
ギャルっぽい娘や派手なタイプ、
あるいはグラマーなタイプが良かったりするものですが、
不惑にもなると、こういうタイプにむしろ魅力を
感じるようになってくるから不思議なものです。


そんなことから、O山さんは
特別に思い入れが深かった逆さ撮りの一つです。


080616-016.jpg

新シリーズ、和風美人コンパニオン

さて、今回からはコンパニオン
パンティー逆さ撮りの新しいシリーズです。
今までご紹介した二人の美人コンパニオンと
同じ会場での撮影です。


首尾よく二人の美人コンパニオンの逆さ撮りに成功して、
上機嫌で会場を徘徊、次のターゲットを探していると、
最悪の事態が発生・・・



警備員に「ちょっと、そこの君、今、盗撮してたでしょ?」
と腕を捕まれて、万事休す・・・・・










ということはまったくなくて(笑)、
撮影は無事に進行していきます。


これからご紹介の和風美人のコンパニオンを
次のターゲットにすることに決めました。


さすがに日本を代表する大企業だけあって、
コンパニオンにはいろんなタイプの女性を揃えていて、
感心するやら、うれしいやらで、もう大変でした。



コンパニオンを採用する担当の方もよく分かっているというか、
いろいろなタイプを揃えた方が、
バラエティーが豊かになっていいものです。
また、男性の好みも千差万別ですからね。
それに撮影する方としても、
いろいろなタイプがいた方が面白いですよね。


企業のコンパニオン採用担当の方は、
これからもくれぐれも自分の好みのタイプだけに偏って、
採用を決めないでいただきたいと思います。


080616-015.jpg

逆さ撮りオリジナルDVDパート2

逆さ撮りフアンの皆様、
お待たせしました。
オリジナルDVD第2弾発売のお知らせです。

タイトルは「コンパニオン逆さ撮り」です。

今回は美人のコンパニオンを靴カメで逆さ撮りした
マニア垂涎の映像です。
もちろん、サブのCCDカメラも使った2カメ撮影なので、
美人コンパニオンに顔や全身もバッチリ盗撮。

お値段は¥3,000(送料込み)、
代金は到着後に口座振込みです。

DVDは全部で約56分の収録時間で、
前半は二人の美人コンパニオン(逆さ撮り3,4)、
後半は知り合いの店員、岸本由美の別バージョンが収録されています。
(彼女の、バラエティーに富んだ制服、Pが見られてお得かも)。


ブログでは容量の関係上、
ファイルサイズを圧縮していますが、
DVDは鮮明、高画質なので、ご安心ください。
もちろん、モザイク等もありません。

DVDをご希望の方はコメント(メールアドレスを記載、管理人のみ閲覧をチェック)、
または左記の「管理人へのメール欄」に
お名前、ご住所(郵便番号)、電話番号、作品名「コンパニオン逆さ撮り」を
記載の上、お申し込みください。

作品の性質上、値上げや突然、販売を中止する場合もありますので、
興味のある方はお早めにお申し込みすることをお勧めします。


それではご注文、お待ちしております。


080617-001.jpg
「わたしたち、スケベなさかさおやじさんに盗撮されちゃいました」
「皆さんもDVDでわたしたちのPを鑑賞してください」

靴カメ盗撮派遣コンパニオン

セミロングヘアーの美人コンパニオンのお姉さん、
遠くから、そして、質問をして接客をしてもらっているとき、
さらに、別の商品を展示してある場所に移動して、
前からも後ろからもスカート中を靴カメで撮影することができました。


もちろん、サブのカメラで全身やきれいな顔のアップなども
たっぷりと撮影しました。
これだけたくさん撮ることができて、満足、満足。
本当にもうお腹がいっぱいという感じです。


「今日、君とこうして出会ったのも運命かも。
こうして、出会わなかったら、大切なパンティーを盗撮されることも
なかったのに。ただ、僕と出会ってしまったばかりに・・・。」


「でも君は魅力的だったよ。一生懸命、商品の説明しながら、
いっぱい、彼氏にしか見せたことがない、
パンティーを撮らせてくれて、
それから今日のオカズになってくれてありがとう。
君のパンティーや全身を盗撮していると、
興奮と緊張で頭がクラクラしちゃったよ。
そして、のどがカラカラになっちゃった。」



「こんなにいい思いをさせてくれたお返しに、
全国に君のきれいな顔と清楚なパンティーの魅力を
紹介してあげるからネ。」


と心の中で、お礼を言いました(われながら鬼畜です)。
といっても、すぐに他のコンパニオンを撮影するんですが、
まあ、別バラということで。


これで、このお姉さんのシリーズは終わりです。
近日中に発売するDVDに収録しますので、
お楽しみに。



次回からは、別のコンパニオン(こちらも美人ですよ)の
パンティー逆さ撮りです。

080604-037.jpg

盗撮アクションにちなんで

「アクション・カメラ術」という盗撮マニュアルが出版され、大ヒットして、
それ以降、アクションOOという言葉は「盗撮」「パンチラ撮影」「逆さ撮り」
の代名詞になりました。


「アクション」を冠した雑誌やビデオが
雨後の筍のように出てきたのもこの時代でした。


コメントにもありましたが、
「セクシーアクション」という雑誌やWACこと
「和歌山アクションクラブ」という盗撮ビデオの撮影と、
販売を行うアンダーグラウンドのグループも出てきました。


WACは逆さ撮りではありませんが、
「女子大合宿風呂」「女子寮風呂」「女風呂温泉盗撮」
「水着オーディション」など当時から顔出し、モザイクなしの
風呂や温泉の盗撮もののビデオを
マニア向けに販売して、人気を博していました。
(トイレものもあったかもしれません)。



実際に和歌山にある事務所(?)に電話すると、
B4の白黒コピー5,6枚分の作品の案内が送られてきました。
ビデオは確か1本、5000円くらいでした。


今、考えるとインターネットもない時代によく、
やっていたと感心させられますが、
それだけ盗撮マニアというのは熱心なんでしょう。


逆さ撮り、パンチラの作品などがなかったのは、
おそらく当時は逆さ撮りやパンチラは簡単だったので、
というか社会問題化していなかったため、
それほど希少価値がなかったからではないかと思われます。


温泉の盗撮ビデオは女性の協力者が撮影していましたが、
経営者とともに何度かパクられているにも関わらず、
驚くべきことに、現在でも活動が続いています。



機材や技術が格段の進歩を遂げた現在ならいざ知らず、
今を遡ること20年前から、盗撮を続けているのは、
本当にすごいと思います。

アクション、盗撮、逆さ撮り

盗撮、逆さ撮りというと
世間では女性の敵、反社会的で陰湿で、いかにも変態的な
犯罪行為とであるという認識がなされています。


ネットでのマニア同士の間はともかく、
一般に盗撮をしていること、
または盗撮に興味があるということを知られると、
社会的地位が危なくなる危険性さえ、
懸念しなければならないほどです。
(ほとんどの男性であれば、 覗き、盗撮に関心があるはずなのに)


さらには女性の声やマスコミのキャンペーンによって、
盗撮に対する厳罰化が声高に叫ばれ、
そのイメージの悪化に拍車をかけられています。


盗撮(逆さ撮り)なんて
微罪、軽犯罪にもならないようなことですが、
実際、数年前までは、それほど問題にされていませんでした。
事実、盗撮、逆さ撮りなどという言葉もほとんど
使われていなかったように思います。



代わりに「アクション・カメラ」
という呼称が使われていました。
これは80年代に大森某(訂正、馬場健治)という人物が出した
「アクション・カメラ術」という本のタイトルにちなんでいます。


逆さ撮りやパンチラの撮影に
それまでの変態の代名詞のような「覗き」「出歯亀」「ピーピング・トム」
という呼び方に代わって、
「アクション」という
一躍、おしゃれで、明るく、スポーティーな印象を与えると同時に
人々の罪悪感や倫理観を曲げるのに重要な役割を果たしました(笑)。



「アクション・カメラ」はテレビ番組にまでなり、
その頃はまだフィルムの銀塩カメラでしたが、
逆さ撮りの方法、カメラの偽装テクニックなど
怪しい情報が、写真(やらせだった、笑)と一緒に掲載、
当時の青少年はむさぼるように読みふけって、
股間を熱くさせていました。


これでこの世界に開眼したというマニアも多いのではないでしょうか。
かくいう当時を思い出して、これを書いている僕もその一人です。

080604-030.jpg

代理盗撮でウハウハ

「代理盗撮」の話題を書いたら、
何だか意外な反響があって、
驚いています。


やはり、世間にはそれだけ盗撮に
関心がある人が多いんですね。
とくに男なら誰でも
身近にいる女性、とくに普段、
学校や職場で顔を合わせている女性に対する
盗撮願望を強く持っているものです。



このような盗撮願望を持っていても、
実際には機材やテクニックがない、
また、リスクが高すぎるという問題で、
実行を躊躇してしまうことも多いのでしょう。
そこで「代理盗撮」となるんでしょうね。


それから、もうひとつ意外だったのは、
自分の彼女や奥さんを盗撮して欲しいという
希望も少なからずあることですね。


こういう願望を持つのは
一般の女性はおろか、
彼女や自分の奥さんまでも辱めることによって、
サディズムや自尊心、優越感が満たされ、
性的に興奮するタイプなんでしょうね。


プロ、セミプロの盗撮師と依頼者が
協力するようになったら、
パンティーの逆さ撮り、着替え、トイレ、風呂など
それこそ、撮り放題です。
女性たちはうかうかしてられませんね。


080604-029.jpg

手鏡の実践的活用法

手鏡覗きの話が出たついでに、
手鏡や鏡を使ったパンティーの覗きの話題です。


ちょっとまえに、話題になった
パンティー覗きの方法なんですが、
100円ショップってあるじゃないですか。
99円ショップでもいいですよ。
いまや全国どこにでもありますよね。


今は原材料が値上げして経営が大変みたいですが。
まあ、そんなことはどうでもいいんです。


100円ショップって何でも揃いますよね。

「ええーこんなものまで売ってるの?」

というくらい、大概のものは売ってる。

盗撮関係に使えるものも格安で入手できるので、
結構、重宝するんですよね。


そんで、100円ショップに行ったら、
まず、鏡を買いましょう。
別に本当に買わなくてもいいんですが、
とにかく買い物カゴに鏡を入れてください。
鏡面を上に向けてくださいね。



それからカモフラージュのために、
適当に雑貨品も入れておきましょう。

それから、あとは店内をぶらぶらして、
商品をいろいろ、物色しているふりをしながら、
ミニスカートの女性を探しましょう。



うまくいえけば、女性の
パンティーが見えるかもしれませんよ。



まあ、若い女性がいるか分かりませんが。
あと、それからくれぐれも店員、警備員の動き、
監視カメラには気をつけてくださいね。
まあ、最悪、ばれても何とでも言い逃れはできますね。


「客に変な言いがかりを付けるんだったら、もう、買わない!」


とでも言ってキレてやればいいんです。



鏡は他の鏡面仕上げの製品だったら何でもOKっすよ。


このテクニック(笑)を応用すれば、
別に100円ショップじゃなくても、大丈夫でやんす。
ちょっと大き目のスーパーやカーショップなんかでも
いけるかもです。



既出ネタだったらスンマソーン。

080604-028.jpg

手鏡パンティー覗きと逆さ撮り

逆さ撮りではありませんが、
手鏡を使って、スカートの中を覗くという
古典的な方法があります。


僕も中高生の頃は、
手鏡を使って、クラスの可愛い女の子の
清楚なパンティーや美人教師のセクシーな
下着を覗いたものです。



あの頃はデジカメやデジタル・ビデオ、
CCDカメラなど便利で高性能な機材は
ありませんでしたからね。


それにしても、今の若者は物心ついたころから、
ビデオ、デジカメ、携帯などハイテク機材があるので、
その気になれば、学校で盗撮もやり放題にできるわけで、
うらやましい限りですね。


でも、昔は機材がなかったり購入する資金がなかった分、
いろいろと知識を増やしたり、工夫をしたものです。
逆に最初から便利な機材が揃っていると、
こういった努力をしなくなるものかもしれません。


080604-027.jpg

知り合いのパンティーを代理盗撮

パンティーの逆さ撮りなどという
マニアックなブログをやっていると、
世の中には逆さ撮り、
とくに知り合いや会社の同僚のパンティーに
興味を持っている男性が多いことに驚きます。


毎日のように顔を合わせている女性、
しかも、きれいな女性や若くて可愛い子
だったら、Hなことを考えてもおかしくありません。



また、仕事のストレスをそういったことで
解消したいと考える向きもあるのでは?


中には職場で逆さ撮りをしたり、隠し撮り、
盗撮を実行したりする猛者も存在しますが、
機材の問題、自分の立場やばれたときのリスクが気になって、
そういうことができず、妄想で終わっている
という場合も多いと思います。
というか、ほとんどの場合はそうでしょう。


そういう男性に代わって、
代理盗撮というのをやれば、
需要があるのではないでしょうか?



依頼者は自分が直接、手を下しているわけではないので、
盗撮がばれても安全ですし、盗撮請負人も
内部の協力者がいれば、やりやすいでしょう。
しかも、機材や盗撮の知識が豊富です。



こういう協力体制があれば、
成功の確率は高くなり、
リスクは低くなると思います。

080604-025.jpg

逆さ撮りのコンビネーションプレイ

昔から「旅は道ずれ、世は情け」といいますが、
逆さ撮りをする場合も、
複数で活動すると利点があります。


例えば、店員の逆さ撮りの場合、
一方が声をかけて、店員が気をとられているうちに、
背後から、スカートの中を盗撮する、といった方法を採ることができます。
そして、この方法は完全に店員の注意をそらすことができるので、
単独行動では決して撮ることができないような、
映像(画像)をゲットすることが可能です。


また、街撮りの場合でも、顔(全身)撮影係と逆さ撮り撮影担当に分けることで、
リスクを分散させることができます。



さらに撮影の成果や出来を評価しあうことにより、
モチベーションを維持、向上させることができるでしょう。


どうやって、仲間を見つけるのか?
今の時代、インターネットというものがある限り、
この手の仲間を探すのに苦労はありません。


複数での活動はこのような利点がある反面、
大きなリスクも抱えています。



それは仲間のうちの一人が下手をこいた場合、
そこから足がついて、
芋づる式に逮捕されることがあるということです。
仲間が捕まった場合、口を割らないという保障はありません。
人間、誰しも自分が可愛いもので、
あるいは、自分だけが捕まるのが癪に障るのか、
ほとんどの場合、共犯者の名前をKにばらしてしまいます。


ヤッちゃんの友達でも身近にいれば、
後からそいつをしばき倒してやるところですが、
現実にはそんなことはなかなかできません。

080604-005.jpg

逆さ撮りマニアの妄想でしょうか?

逆さ撮り、盗撮に逆風が吹きまくっている
昨今からは想像もつきませんが、
ちょっと前までは、
痴漢、覗きや逆さ撮りなどは犯罪にもなっていませんでした。
なったとしてもせいぜい、微罪、軽犯罪程度のものでした。


それが最近では、さも凶悪な犯罪であるかのごとくの扱い、
罰金、刑罰の厳罰化、それにくわえ、さらなる社会的制裁の数々、
これにはいささか、あきれかえるほどです。


たかがスカートの中を覗かれたり、
撮影することで大騒ぎしすぎ、
過剰反応もいいところだと思います。


こんないわば「小さな悪」を徹底的に取り締まることに、
一体、どんな意味や効果があるというのでしょうか?


こういった「小さな悪」が厳重に取り締まられる影で、
政治家、官僚や金をもった権力者たちの「大きな悪」
は見逃され(それらは巧妙に隠蔽されている)、
彼らは好き放題の限りを尽くしています。



まさに覗き、盗撮などの微罪、軽犯罪の類がスケープゴートにされ、
大きな犯罪の隠れ蓑に利用されている感があります。


このような金持ち、権力者の巧みな世論操作に
ヒステリックな女性団体の圧力やマスコミのキャンペーンなども
便乗して、一時期は「盗撮罪」が国会で法制化寸前までいき、
郵政国会のため立ち消えになったという経緯があります。


日本は本当に住みにくい、
いやな国になったと思います。


080604-004.jpg

接客中の美人コンパニオンを

セミロングの美人コンパニオン、
他の人への接客が終わったところで、
すかさず、声をかけます。


近くで見ると、やっぱりきれいな顔をしています。
しかも、セクシーな声がまた、
なんとも言えないほど、魅力的です。



適当な質問をでっち上げて、
「これはどうなの?」
「じゃ、あれは?」と質問責め。


いかにも商品に興味があって、
購買意欲の旺盛な客のフリをします。
だって、その分、時間稼ぎができて、
長時間、タップリと撮影ができますからね。



そんな悪辣な魂胆にも関わらず、
熱心に商品を説明をする、
しかも、自分のパンティーまで
じっくり撮影させてくれる
コンパニオンのお姉さんはやっぱり、
魅力的です。

080604-003.jpg

コンパニオンのパンチラでナチュラル・ハイ

近くで見ると、
これまたキュートで、
これから話しかける
(本当は、逆さ撮りする)
と思うとドキドキしてきます。


手のひらに汗が滲んできます。
のども渇いてきました。


でも、心の中でひたすら
「あせるな、じっくりいこう」と言いながら、
撮影の手順をシミュレーションします。



この期待と興奮が入り混じった何ともいえない、
高揚感で、ドーパミンが出まくりの
ナチュラル・ハイになっていきます。


080604-002.jpg

靴カメで美人コンパニオンのパンティーを

ちょうど、別の客が来たので、
「真緒」ちゃんとの会話を
適当なところで切り上げて、
今度はセミロングの美人さんを
メインターゲットにします。


「真緒」ちゃんには「たくさん、可愛い顔と全身、
それからパンティーを撮影したから、
もういいよ。今日のおかずにしてあげるからね。」
と心の中で挨拶しながら、
セミロング美人の方へ移動。



撮影が終わってリラックス・・・
といきたいところですが、
まだまだ業務(笑)が残っているので、
気を引き締めていかなければ。



ちょうど、セミロングの彼女、接客中だったので、
前からのショットを撮影しながら、
声をかけるタイミングを計ります。

080604-001.jpg

逆さ撮りガードルの罠

僕は大概の女性の下着は「いけるくち」ですが、
ガードルだけが嫌いです。


せっかく、美人や可愛い女性の
逆さ撮り盗撮に成功しても、
ガードルを履いていたときの
落胆と失望といったら・・・。



このようにガードルは
貴重な女性の生パンをガードしているわけで
(だからガードルと言うのか?)、
また、ガードルを履いている女性は大体において、
ヒップが垂れている。
つまり、それだけ、もとのスタイルが悪いということです。


夏場は蒸れて、大変なのではないかという心配もあります。
それに何よりも生活感があり過ぎ、
オバサンくさいのが一番、嫌な理由です。



ガードル一体型の下着なんて、
考えるだけで、身も毛もよだちます。

080522-010.jpg

パンティー逆さ撮りのタブー

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」
と言われます。


これは酒を飲むと理性や判断力が麻痺して、
とんでもない女に手を出して、
後悔、先に立たず・・・


ということにならないようにという
先人のありがたーい教えですが、


逆さ撮り盗撮を実行する場合も
酒を飲んでからというのは、
絶対にしてはならないことの一つだと思います。


それはアルコールによって判断力が低下し、
普段はしないようなミスを犯したり、
気が大きくなって、いつもはしないような大胆な行動に走ったり、
場合によってはそれが致命傷になることがあるからです。


よく、報道されるように盗撮で逮捕された
バカが「酒に酔ってつい」というケースがありますが、
こういう輩は言語道断です。
「シラフでできないんだったら、最初からするな!」と思います。

080522-009.jpg

パンティー逆さ撮りをして思うこと

盗撮(逆さ撮り)をやっている連中、同業者(笑)は、
僕も含めて、研究熱心で目標を達成するまで
努力を惜しまない、
また、自分の世界を持っている人が多いと思います。


でも、言い方を変えれば極度にわがままで、
自己中な人間ということもできます(笑)。



普段は絶対に見ることができない
きれいな女性、可愛い女の子のパンティーを
何とかして見たい、撮影したいという
変態的な欲望を抑えることができず、
その歪んだ性欲とサディズムを
満たすために、女性の気持ちや
周囲の迷惑も省みず、
手段を選ばずに傍若無人に振舞う有様は、
まさに天上から堕落した半神、
地獄絵図に描写されている
化け物に匹敵すると思います。


そんな己の卑しき品性を、
痛いほどに知っている身としては
(といいながら、ブログで己の恥を晒している
醜い自己顕示欲・・・)、
せめて、女性や周囲に気づかれることなく、
ひっそりと身を潜めて活動したいと思う次第です。


080522-008.jpg